生理のお悩みなら名古屋駅近くの【かとうのりこレディースクリニック】へ

052-587-2888
  • 女性医師対応
  • 名駅徒歩5分

生理のお悩み

生理のお悩みについて

毎月の月経に多くの女性が悩んでいます。

毎月の月経は妊娠するための準備ですが月経についてのトラブルは少なくありません。
月経は自然なことですが日常生活に支障が出る場合は治療を行います。最近では生理痛でピルを服用される方も増え、症状により保険が適応されるピルもあります。

月経困難症

月経困難症とは主に生理痛のことで、下腹部の痛みや、腰痛、頭痛、発熱やひどい症状では気持ち悪さから嘔吐してしまうケースもあります。症状がひどいと子宮内膜症の可能性があります。

生理不順

ホルモンバランスが崩れることにより生理周期が乱れます。
生理不順とは、21日以内に生理が2度あったり、周期が40日以上空く場合のことをいい、20~30代の女性で生理不順の方は、ストレスや睡眠不足、栄養障害、ダイエット、疲労など何らかの原因がある場合があります。

過多月経

過多月経とは、1回の生理の出血量が150ml以上あることをいいますが、細かい経血量がわからないので、症状に気付かない方も多くいらっしゃいます。また、8日以上続くものを過長月経ともいいます。月経量が多いと貧血をきたすことがあり、子宮筋腫の可能性もあります。

当院の治療

基本的には鎮痛剤を処方しますが低用量ピルで症状を軽減することも可能です。ピルには、複数の種類がありますので患者さんに合ったものを処方し、しっかりとご説明させていただいております。また、お薬の他に子宮内に器具を入れる治療も可能です。

子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS)

IUSとは、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出するシステムです。子宮の中に入れて使用することで増殖を抑え、経血量を減少させたり、月経痛を軽減します。