性感染症でお悩みなら名古屋駅近くの【かとうのりこレディースクリニック】へ

052-587-2888
  • 女性医師対応
  • 名駅徒歩5分

性感染症

性感染症について

誰もが感染し生じ得るデリケートな問題です。

性感染症とは「性的接触によって感染する病気」と定義されています。
人としての営みの中で誰にでも感染する可能性があり、とてもデリケートな問題です。
性感染症は症状が軽く気付かないケースも多く、自覚症状があっても「クリニックに行きにくい」という思いからそのまま他の人へ感染していくこともありとても深刻な問題となっています。

主な性感染症

性器クラミジア感染症

女性では1番多い感染症で男性も感染することがあり、自覚症状が少ないため、気付かない間にどんどん進行しているケースが多くあります。
女性の場合、感染の頻度が非常に高くそのまま放置してしまうと子宮や卵巣に炎症が広がり、不妊症になる原因の1つです。

症状

おりものの増加/不正出血/下腹部の痛み/性行為時の痛み

尿道からうみなど/尿道痛/精巣上体の腫れ など

淋菌感染症

男性が感染することが多い性感染症です。
男性の場合は、排尿時に痛みが伴うことがあり症状に気づきやすいのであまり進行することなく治療が出来ます。
しかし、女性の場合は自覚症状が少なく治療が遅れ進行してしまい不妊症の原因となることがあります。
クラミジア感染症の次に感染する可能性の高い性感染症と言われています。

症状

おりものの増加/不正出血/下腹部の痛み/性行為時の痛み

尿道からうみなど/尿道のかゆみ・不快感/排尿時の激しい痛み など

トリコモナス膣炎

寄生虫の一種であるトリコモナス原虫が膣内に入り込むことによって感染します。
まれにお風呂の椅子などでも感染することもありますが、主な感染経路は性行為です。

症状

悪臭の強いおりもの/あわ状のおりもの/外陰部のつよいかゆみや痛み

尿道からうみなど/排尿時の痛み など

性器ヘルペス

感染し、必ず発症するとは限らないのが特徴で、性器ヘルペスは検査ですぐに分ります。
感染後はウイルスが脊髄の神経節にとどまり、ストレスや風邪などの抵抗力の落ちた時に発症するケースもあります。
妊婦が妊娠中に感染・発症した場合には、出産する際に産道を通る赤ちゃんに感染する可能性がありますので注意が必要です。

症状

水ぶくれ/排尿困難/発熱/太もものリンパ節の腫れ・痛み

赤いブツブツ・水ぶくれ/発熱/太もものリンパ節の腫れ・痛み など

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によるもので、検査ですぐにわかりますが、再発しやすい病気なので徹底的に治すことが大切です。
当院では尖圭コンジローマの手術を行っております。

症状

男女ともに症状は同じで薄いピンク色、茶色のイボができます。

大小陰唇にイボ/膣周辺にイボ/子宮頸部にイボ

陰茎にイボ/亀頭部にイボ/陰のうにイボ など

梅毒

梅毒トレポネーマという細菌によって引き起こされる感染症で世界的に広く見られている病気です。性行為が感染経路となることが多いため性感染症の1つと知られています。
梅毒は潜伏期間があり第1期~4期にわたって段階的に症状が変化するため個人差があります。

症状

大陰唇・小陰唇にしこり/唇にしこり/顔・首・背中・胸などに発疹/リンパの腫れ/発熱/関節痛

陰茎にしこり/唇にしこり/顔・首・背中・胸などに発疹/リンパの腫れ/発熱/関節痛 など

HIV感染症

エイズは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により起こる感染症です。
感染してから発症するまでの潜伏期間が6ヶ月~10年以上と長いのが特徴で、発症すると人間に必要な免疫力が著しく低下し、健康な体ではほとんど害のない細菌やウイルスの感染、悪性疾患などにより死に至ることもあります。
また、他の性感染症に感染しているとHIVにも感染しやすくなります。

感染経路

  • 性行為による感染
  • 血液による感染
  • 母子感染

症状

発熱/のどの痛み/体の痛み/咳/リンパの痛み・腫れ/頭痛/
体重の減少/倦怠感/発疹/夜、汗がでる/ヘルペスができる など

当院の治療

当院では検査を行いしっかりとご説明をさせいただいた上、症状に合わせてお薬での治療を行っております。症状によっては、軽度な手術が必要となるケースもありますが、早期に発見して治療すれば多くは治るのが性感染症の特徴ですので、早めにご相談ください。また、性感染症の治療は保険が適応されます。

性感染症対策

「早期発見」「早期治療」「正しい知識」

性感染症は、必ずしも自覚症状があるとは限りません。
そのため、感染に気づいたときにはすでに多くの人に伝染しているケースもあります。
定期的な検査で早く発見し、治療することが大切です。
そして正しい知識も身につけておきましょう。

予防方法

  • 複数の人と性行為をしない
  • コンドームの着用
  • 相手の性器を確認する
  • 月経中の性行為はしない
  • 寝具を清潔にする
  • 屋外でのセックスをしない
  • 定期的な検査をする
小さなことにも気をつけることが感染予防につながります。