子宮内膜症のご相談は名古屋駅近くの【かとうのりこレディースクリニック】へ

052-587-2888
  • 女性医師対応
  • 名駅徒歩5分

子宮・卵巣の病気

子宮の病気について

「子宮内膜症」「子宮筋腫」は5人に1人がなるポピュラーな病気です

子宮筋腫

子宮筋腫は女性ホルモンの影響で子宮にできる良性の腫瘍です。最近では若い女性にも多く見られ、自覚症状がない場合も多くあります。大きな腫瘍や症状がひどい場合は手術を行ないますが最悪な場合は子宮を全部摘出することもあります。

症状

  • 過多月経
  • 下腹部の圧迫感
  • ひどい生理痛
  • しこり
  • 貧血

など

子宮内膜症

子宮の内側にある子宮内膜とよく似た細胞が、何らかの原因で骨盤腹膜や卵巣、子宮の周辺組織に発生する病気です。
女性ホルモンに反応し出血、痛み、炎症を引き起こしたり、子宮と腸や卵巣が癒着し痛むこともありますが、命に関わることはありません。

症状

  • 疼痛
  • 血尿
  • 避妊
  • 月経時に血痰
  • 月経困難症

など

卵巣の病気について

卵巣腫瘍

子宮の左右に卵巣があり卵巣に腫れが生じた状態を卵巣腫瘍といい、「良性」「悪性」と良性と悪性の中間の「境界悪性」に分類されます。種類も多く、原因も多岐にわたります。また、症状が分りにくいケースもありますので何らかの異常な症状が出た場合、卵巣腫瘍を頭に入れ早めの受診をおすすめします。

症状

  • 腹部膨満感
  • 便秘
  • 下腹部痛
  • 頻尿
  • 性器出血

など

当院の治療

腫瘍が小さい場合はお薬で散らして様子をみます。
子宮内膜症の場合、ピルの保険が適応とされています。
手術となる場合、お住まいの地域の病院へご紹介状を出しております。
三重県や岐阜県から来院される方もご安心ください。