• 生理痛のお悩み
  • 検診のご案内
  • 性感染症のご相談
  • Q&A
名古屋駅から徒歩5分
HOME > 生理のお悩みについて

生理のお悩みについて

生理不順の原因とは

生理周期の乱れは、ホルモンバランスが崩れて起こる場合がほとんどです。
生理不順とは、21日以内に生理が2度あったり、周期が40日以上空く場合を指します。20~30代の女性で生理不順の方は何らかの原因がある場合がございます。

生理不順の主な原因と理由は、

など、たくさんあります。

何か、一つの原因が重度の場合や極端に症状が出ている場合など、いくつかの原因があり生理不順になるケースがあります。生活習慣とは、女性特有の様々な病気へ関係することがあります。しかし、なかなか生活習慣とは簡単に治せるものではありません。まずは、現状を把握する事から始めましょう。

生理痛について

月経の時に下腹部痛、腰痛など骨盤を中心とした強い痛みを生理痛といいます。
中でも症状が強いものを月経困難症といいます。

月経困難症の原因として、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮の形の異常などが挙げられますが、これらの異常が認められない場合もありますので、診察及び、超音波検査などを行った上で、子宮や卵巣に異常がないかどうか調べます。
症状が強い場合やどんどん重くなっている場合も多くありますので、生理痛を安易に考エイズに一度ご相談にいらして下さい。

子宮内膜症について

子宮内膜症についてのイメージ

子宮内膜と同様の組織が何らかの原因で骨盤腹膜、卵巣、子宮の周辺組織に発生します。
これらの場所にできた内膜症組織は女性ホルモンの作用で増殖、出血を繰り返し、病巣は増殖・進展し、炎症や周辺組織との癒着をおこします。これが子宮内膜症で、激しい月経痛や、月経時以外にも腹痛、腰痛などの症状を起こし、不妊の原因にもなります。

子宮筋腫について

子宮筋腫についてのイメージ

子宮筋層にある平滑筋組織にできた「こぶ」が、女性ホルモンの影響で大きくなった良性の腫瘍です。筋腫はできる部位によって、粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜下筋腫の3つに分けられます。

携帯からは、こちらのコードを読み取って、アクセスして下さい。

大きな地図で見る

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4-26-25
メイフィス名駅ビル3F

ホームページを見たとお伝えください 052-587-2888

受付時間
午前 10:00~13:00/午後 16:00~19:00

詳しくはこちら